広告展開

2018年5月17日より、『金はない、時間はある』・『無料ゲームはgree.jp』というキャッチフレーズで、岸部四郎さんを起用したGREE初のテレビCMを放映し、このCMの放映以降急速に会員数を増やすことになる。

この時より、主にゲームのスポットCMを中心に流すようになり、日夜問わず大量にオンエアされている。その頻度は、2010年10月現在、関東地区において、テレビCM放映回数において第2位にランクインするまでに成長した。

多くのCMでは、冒頭で『グリー』というサウンドロゴが入り、基本的に無料で遊べる1つのゲームコンテンツの内容を紹介した簡素なCMのものがほとんどだった。

芸能人の起用は比較的少ないが、前述の岸部四郎さんのほかに、ナインティナインの岡村隆史さんと矢部浩之さん、ベッキーさん、木下優樹菜さん、福山雅治さん、EXILEさんに、明石屋さんまさんがCMキャラとして起用されたこともある。EXILEさんについてはCMソングも担当した。なお、恋愛ゲームに関しては作品によってCM向けに声優さんが起用されることもある。

2010年6月にはテレビ朝日『すっぽんの女たち』、同年の11月には日本テレビ系『世界弾丸トラベラー、同年の12月には『M-1グランプリ』でスポンサーを担当した。

2011年3月11日に発生した東日本大震災直後はCMの量が激減したが、半年後には平常時の状態に戻っており、この時期にサウンドロゴがリニューアルされた。

2010年ごろまでは具体的なコンテンツ名を隠して、代わりにGREEの名前を最前面に出したCMが中心だった。これは、こんなゲームがありますといった具合にCMで宣伝した後、GREEに登録すれば、ゲームの名前と詳しい内容が把握できるといった、ユーザーをあくまで自発的に誘導するように作られていた。しかし2011年夏ごろより放映されている『探検ドリランド』のCMでは、GREEのロゴは最後に小さく表示されるだけになり、『ドリランド』自体のサウンドロゴが流されるようになった。『ドリランド』で検索をかけるように促すなど、、珍しくコンテンツ名を最前面に押し出されたCMとなっている。

また、このCMではTOKIOが起用されており、企画の一環として銅版をモデルにしたハンターカードが登場する。

2011年10月ごろからは、杏を起用し、『ソーシャルネットワークと言えばGREE』というキャッチフレーズで、GREEとしては初めての日記などのSNS機能をアピールしたCMを放映している。同年12月下旬には吉本興業とのコラボレートを実施した。

現在はMBS・TBS系『EXILE魂』や『さんまのSUPERからくりTV』(2012年4月~)フジテレビ系・『めちゃ×2イケてるッ!』(2012年4月~)や『爆笑!大日本アカン警察』(2012年4月~)テレビ朝日系・『ロンドンハーツ』(2012年4月~)日本テレビ系・『行列のできる法律相談所』(2012年4月~)テレビ東京系・『出没!アド街ック天国』(2012年4月~)や『バカソウル』でスポンサーを担当している。

プロのゲーマー

『無料』表示に関する問題

テレビCMで『無料です』』と宣伝しているものの無料で利用できる範囲は限定されており、『景品表示法に記載されている、不当表示に抵触する』として、関西にある消費者団体から指摘を受けて、該当音声を削除した。

2次元ワールド